contents

TourDiary -2004-

パリ滞在記 2004年6月24日~7月5日分

ダイアリー画像

今一緒にワークをしている、ブラジル人グラフィックアーティストのアンジェラとラファエロです。場所は、客席もあるフリースペース(スタジオ3)です。


6月24日 木曜日 曇り

朝9時半CNDにてアンソフィーとアンとアンローとミーティング。あんだらけー。
15時からリハーサルを開始。結局ケレのアパートでお世話になる事になる。
16時頃アンジェラとラファエロ登場。今脚光を浴びている新進のブラジルコピューターグラフィックアーティストである。(昨今フランスにおける現代アートシーンの中で、グラフィックアートが注目されている様である)。お互いに持っているアイディア、今までの創作方法、新しい試みなど思い付いた事を出し合う。巨大なスクリーンを前にイメージした動きを2・3インプロで動いてみる。ここではあまり詳しく創作過程を具体的には書きませんが、ファーストコンタクトしてはまずまずの出だしでした。(ちなみに彼らは去年の我らのパリ公演を見てくれてのアプローチです)


6月25日 金曜日 晴れ(風が出て肌寒い1日)

ダイアリー画像日増しに寒くなって行く様な・・・。街には革ジャンやらコートを着ている人もいるし、Tシャツだけの人もいるし色々ですが、やっぱり寒いです。 コートでも持って来ていたら良かったとすら思う今日この頃。
11時CNDへ到着。サインをして1週間分の食費を頂く。アンジェラとラファエロはVISA関係の書類申請の為遅れる。結局16時ぐらいに到着。18時まで昨日の様にインプロをして踊りの方向性を確認する。その後彼らにストレッチを指南する。19時終了。
ケレのアパートは丁度パリのど真ん中レ・アル界隈なので、悪魔の囁きがひんぱんに襲ってきます。というのも丁度今ソールド(大安売り)の時期でブランド品もどこもかしこも?30%とか?60%しているし、レストラン街でもあるのでついつい足が止まってしまうのです。マ・マネーがモ・モットモット・・・。(ちなみに4年ぐらい前から甲野善紀氏の著作を興味をもって読んでおり、昨日「表の体育 裏の体育」読み終えたばかりなので、悪魔の囁きにそそのかされる私はまだ青いなと痛感しております)。
結局適度に人が埋まっているレストランへ入り、おすすめのカナールを食しました。セ・トレボン!


6月26日 土曜日 晴れ CNDは閉館の為OFF

革ジャン着ている人、コート着ている人、Tシャツだけの人、2日続けて見事に様々な街風景。カンイチ君とヨシ君とポンピドー横のカフェで待ち合わせして、ひと時のナンデブーを楽しむ。その後パレドトーキョーへ。8ヶ月のレジデンシーを終えた若きアーティスト達の成果発表のフィルム上演会を見に行く。寒かったり暑かったりで体調をキープするのが難しく少し風邪気味の為、後の打上はパス。


6月27日 日曜日 晴れダイアリー画像

昼まで就寝。ぼちぼち起きてオペラ界隈、ルーブル界隈をぶらつく。風邪と思っていたのはどうやら、花粉症の様ですね。 その証拠に熱はないし、目や鼻が異様にむずむずするほぼ日本と同じ症状です。その後モンマルトルの絶景の場所にあるアンジェラ・ラファエロのアーティスト達が住むアパートへと向かう。
彼ら二人ともイタリア人の血が流れているので、イタリアンをごちそうしてくれる。セボン。スミコさんと旦那さんのファブリスも合流。12時過ぎ帰宅。


6月28日 月曜日 晴れ 日増しにとても暑くなってくる。

今日、CNDが横4m?縦3mのスクリーンとプロジェクターを用意してくれる。
今までの作品を前にとりあえず動いてみる。「んー、リハーサルとはいえ照明も工夫してやらないと中々難しいなー」。11時~19時
CNDの他のスタジオではダンス教師資格免許取得の為の講習会が行われておりました。
コリアンダンサーのウンジャと知合う。(ちなみに今年5月のソウルインターナショナルインプロバイゼイションフェスティバルの事を知っておりました。)
もう一人アーノルド(ケレの別の作品で共に踊っていたグッドダンサー)の奥さん(セリーヌ)にも再会する。テイクアウトチャイニーズをその場所で食らう。


6月29日 火曜日 晴れ

11時CNDへ。
どちらが主張しても成り立たない、微妙なバランス感覚が必要であるという事が、簡単には進行させてくれない要因ですね。朝来てそうそう「混乱してきた」とアンジェラが叫ぶ。全く新しい事を始めるときはこんなもんです。
彼らは踊りとコンピューターグラフィックの両方の面白さを客観的に見る事の出来る人達なので、私としては信頼しております。
アンジェラ・ラファエロは今日の明け方3時半ぐらいまでプログラムを作っていた様なので、くたくた。それと今日のプログラムを練る事と新しいプログラムに取り掛かる為に、今日は15:30頃に切り上げて彼らは帰宅。わたしは居残って少し動きの練修。
16:30頃帰路につく。いつもいっぱいで、とうてい入れないと思っていた近くのイタリアンレストラン。今日はがんばって奥にあるカウンターで席を作ってもらい、スパゲティーボロネーズを食す。イタリアンならお薦めの店ですね。(多分並ばないといけないかもよ)


6月30日 水曜日 晴れ

サングラスなしでは目がやられてしまう程の日差し。かっこつけるのではなく本当に必需品ですねサングラスは。実は今回こちらに来る前に、近くの文字が見えにくくなって来たし、遠くのものも以前より見えにくくなって来たので眼鏡屋さんに行って来たのです。
んんー!そろそろMr.Roganみたいです。それと乱視。近眼ではないみたいなのですが、こちらの方がよっぽどつらいっす。注文すると何日もかかると言う事で、と言う訳でもないのですが、紫外線対策と白内障防止の為、新しいグラサンを購入してきたというしだいです。
11時CND到着、一人のスペシャルエクササイズが必要と言う事で彼らには12時から来て貰う事に昨日からしてあるので12時30過ぎアンジェラ・ラファエロ到着。
昨日同様、冒頭シーンに取り組む。それと私のアイディアで面白いシーン(ここでは内緒)の下地として私がインプロで動いたムーブメントを録画する。以下省略(機密事項の為)。

*パリ買い物情報:いつまで続くのフランス・ソールドの嵐(ヨシフミ君によるとソールドの時期は年2回で、クリスマスが終わった翌日から3週間ぐらいとその6週間後からであるとの事)12月26日~3週間・6月26日(今年は23日)あたりから3週間。参考の為。
そして今日、日本は7月1日・私が行っているスタジオポイントの発表会の当日です。実は振付して、こちらに来る前までのぎりぎりまでリハーサルをして、後はそこのボスである前田先生とカンパニーメンバーの松本芽紅見に託して来ていたのです。成功祈っております。みんながんばってー「メルト」。発音がうまく書けませんが、こちらで言うと「うんことか汚い言葉」です。舞台前にお互いに言う習慣があるようです。例えばアメリカでは「足を折れ」と声をかける様に。

ミナガンバレー・ウンコ・アシオレー!


7月1日 木曜日 晴れ

17:30からこの企画に協力援助してくれている人達にプレゼンテーションをする。
AIXのプロデューサー(パトリス)CNDのディレクター(クレアー)カタリス(スミコ・アンソフィー)他CNDのスタッフ。
ファーストコンタクトであると言う事で一シーンを一通り見てもらう。今の時点ではお互いのアプローチの仕方が難しい印象ではあるが、面白さの可能性は感じてもらえたようである。コモシーコモサーである。「まあまあ」っちゅう感じですかね。
その後、アン・ラファの家の近くにあるレストランで、スミコ・アン・ラファ・その友人(チェコスロバキアから来たばかり)とディナーを楽しむ。鯛のオリーブソース添えクスクス付きを食す。これまた絶品である。やはりおいしいレストランには人が群れております。横で順番待ちしている人々がビールやワインを飲みながら悠々と待っておりますよ。


7月2日 金曜日 曇り

しゃ・しゃぶいでしゅう!またまた冬に逆戻り?
おまけに我々のスタジオの中だけ今日に限ってエアコンが入っているし、いやがらせ?
まーたまたまでしょうが、広いし寒いし遭難するかと思いましたよ。
11時CND。お互いに昨日のプレゼンをすることで、もう一つ方向性が見えてきたみたいで冒頭シーンのイメージがクリアーになってきたようです。まだまだ時間はかかりますがね。


7月3日 土曜日 曇りのち晴れ オフ

日増しに秋に成りつつあるようなそんな気がする今日のパリ。
日が照ると全く変わりますがね。一昨年は毎日のように前を通りながらも、一度も入る事が出来なかった写真美術館へ行く(5ロ)サンポール。やはり写真はイメージが鮮烈に伝わってきますね。(ポストカードにもなって良く売られているMarc Riboudの特別展)逆に写真をコラージュしたり加工している作品は、ぱっと見は面白いのですが、どうも嘘っぽく見えてしまうのは私だけでせうか?わざとぼかしてあるのは別ですが。
久し振りにコンコルド広場からルーブルそしてポンヌフ界隈をぶらつく。今年はフランスにおける中国年らしいのでチュイルリー庭園あたりが中国化(上海)しておりましたよ、歌や踊りや合奏ナドナド。(ちなみに来年はブラジル年)だから今の我々の企画が起こったのさ・と。


7月4日 日曜日 雨 オフ

私にしてはめずらしく傘をささず、濡れたままで散歩する。というのもこっちの雨は日本の梅雨のように一日中降ったりせず、降ったり止んだりを繰り返すので、何所かで雨宿りしながらでもしのげるのです。
その為、2回ほどカフェで「ボー」としておりました。
それと昨日見逃した、上海展の中国カンフーのデモンストレーションを見る為にチュイルリー庭園へもう一度足を運ぶ。中学生ぐらいの子達が競ってやっておりました。やはりホンマモンはちゃいますわ、子供とは思わせない迫力とテクニックを持っておりました。
オペラ界隈でジャパ食を食べ、その後アパートの近くのカフェでビールを飲みながら、サッカーのヨーロッパ大会決勝(ポルトガル対ギリシャ)を観戦。


7月5日 月曜日 晴れ

今日はとっても暑いっす。女心とパリの空。(日によって違いすぎるっちゅうねん)
11時CND。
今日もまた新しいアプローチを模索する。とにかく思いつくままにアイディアを出す。
これも単なるコラボレーションにしたくないという熱い思いからです。

暗闇での作業なので普段の倍は疲れます。17時終了。(ちなみにCNDスタジオ9でリハーサルしているアーノルドと1年振りの再会)
その後、エルベ・ロベのカンパニーダンサーのローマと美しい女性ダンサーとお茶(モンマルトルにて)彼らは来週水戸のダンスフェスで踊る為に日本へやって来ますよ。と

後半へ続く
ヤザキタケシ

News